輸入車向けに新しいセキュリティーの取り扱いを始めました。
AUTHOR(オーサー)社のIGLA ALARM(イグラ アラーム)です。

IGLA ALARMは次世代のデジタルセキュリティーです。

15年前あたりから自動車メーカーが採用し始めたイモビライザーですが、近年このメーカーのイモビライザーを解除や複製され盗難されてしまってるのが現状です。

近年の車両は車内に点在している各コンピューターがデジタル通信(CAN-BUS)によりあらゆる情報をコンピューターによって管理されています。

これまでセキュリティー付属のイモビライザーはエンジンを始動するために必要な線であるセルモーターを回す電源線や燃料を送る電源線と言った重要な配線を切断する事でエンジンがかからなくしていました。

切断したことによるエラー情報を車両のコンピューターがキャッチしチェックランプ(異常お知らせ機能)を表示したり、チェックランプ表示が無くてもコンピューターが記憶しメーカー診断機によりエラーの履歴が蓄積されてたりと車両に悪影響を与えれいる可能性が出てきています。

 

そこでAUTHORが設計開発したIGLA ALARMは配線を切断することなくエンジン始動を制御可能にしました!!
車両のデジタル通信(CAN-BUS)と完璧に融合する事で、IGLA ALARMがセキュリティーやエンジン始動を制御致します。

 

IGLA ALARMは認証によってはじめてエンジン始動が可能となります。
※車種により動作は異なります。

認証は車両のステアリングのボリュームボタンや、選曲ボタン、クルーズコントロールボタンなど使い本人しか分からないボタンと回数で認証します。
また、専用のKey fob(キーフォブ)での認証が可能です。

この認証システムがあるので最近ニュースで聞くようになった『リレーアタック』や『コードグラバー』、『CANインベーダー』による被害から守ってくれます。

 

IGLA ALARM 価格 162,800円(税別148,000円)~

※車種により追加料金が発生する場合があります。

上記金額にはセキュリティー本体、サイレン、キーフォブ、取付工賃、消費税が含まれます。