東京オリンピックのチケット抽選がいよいよ受付開始となりました。

みなさん申し込みされましたか?

自分はタイミングが合わずいまだに申し込みが完了しておりません(涙)。
会場の雰囲気を生で感じたいですから開会式は絶対に行きたいので再度トライする所存です(笑)。

まだの方はこちらからどうぞ。
運のいい人はすんなり申し込みできているようです。
抽選申し込みは2019年5月28日までです。

 

さて今日ご紹介するお車はニッサンキューブです。
前のお車から機材諸々移設します。

向かって左側のキューブが10年程前にお取付させていただいたお車です。
乗り換えるにあたって色々なお車も検討されたのですが最終的に同じキューブとなりました。

まずは環境整備から。
ルーフのデッドニングをします。
鉄板は広く平らなほど共振しやすいですから1番最初に手を入れるべきはルーフだと思います。
雨音に限らず、ロードノイズも軽減されますし、オーディオ的にも低音がクリアになります。引き締まった低音になります。
保温効果もあるしお奨めです!

スピーカーは前のお車からドアトリムごと移設です。
こんなことができるのは同一車種への乗り換えだからですよね。

スピーカーはすべてDYNAUDIOです。
ウーハーはドア下に。
ドアトリムは制作から10年経っています。疲労感が若干ありましたので再塗装してリフレッシュしてます。

スコーカーはドアの上部に。
このスコーカーは一般的なコーン型のスピーカーでは無くツィーターと同じドーム型です。
スピーカー裏の処理にも気を遣わなくてもよく使いやすいユニットです。

ツィーターはドアミラー裏に。
広がりの出やすい位置です。

これらのスピーカーを鳴らすアンプはアルパインの当時もの(笑)。
今はアルパインといえばナビメーカーの色が濃いですが当時はいいオーディオ製品をいっぱい送り出していましてこのアンプもお気に入りの商品でした。
もう修理できないくらい年月を重ねてしまいましたがが大事に使えばまだまだ現役です。

プレーヤーはもちろんDEH-P01
お客様曰くCD以外の音源はいらないそうです。

サブウーハーもアルパインですが写真を取り忘れてます…。

いいものは長く使えるので結果として金額を抑えられた好例です。
今となっては車の中でしか音楽を楽しめなくなってるとおもいます。多少値が張る製品でも長く使うことによって採算は取れますよ。
なにより良い音が聴けますし(笑)!