五月病とポルシェにマルチウェイ・タイムアライメント

何事も無くゴールデンウィークが過ぎてしまいましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

新卒で新しい会社に入られた方、移動で新しい職場にてお仕事されている方々ゴールデンウィークがあけて仕事したくなくなる病気『5月病』に感染していませんか?

医学的には適応障害と診断されるそうです。
たまった疲れやストレスが、心身の症状となって表れ、やる気が出てこなくなる病気のようです。

そうなる前にリフレッシュしましょう。

リフレッシュする方法は色々あると思いますが、お勧めは大好きな音楽を大音量で聴くことですね(笑)。
嫌なことも忘れる事が出来ます(きっと)。

その時にちょっといい音だとより楽しさが増すのでストレス発散の為にもオーディオのシステムアップは重要です(ちょっと強引)。

 

5月病対策のためではないと思いますが豊かなカーライフを楽しむ為、オーディオのシステムアップをされたポルシェをご紹介します。

このかっこいいポルシェのオーディオシステムはノーマルで3wayなのです。
今回はスピーカー交換のご予算を頂けませんでしたがオーディオシステムの要となるヘッドユニットはサウンドナビを投入します。

サウンドナビには他に類を見ない機能の『マルチウェイ・タイムアライメント』という機能があります。 本来なら複数チャンネル分のアンプを付けなければそれぞれのスピーカーの音量、タイムアライメントをいじる事は不可能でした。

三菱電機の高い技術力でパッシブネットワークで接続されたスピーカーもスピーカーの音量、タイムアライメントをスピーカーごと個別に調整すること事を可能とした機能が『マルチウェイ・タイムアライメント』です。

今回のシステムはフロントスピーカー出力でインパネ上のツィーター(高域)、ドア上部のスコーカー(中域)を鳴らします。
リアスピーカー出力ではドア下部のミッドバス(低域)を再生します。

純正のスピーカーシステムでも丁寧に丁寧にチューニングをしてあげるとこれまで再生できなかったバランスで鳴りだします。

いい音にするためのアプローチは色々あると思いますが近年はDSPの性能が素晴らしいのでスピーカーより先にDSPという選択肢はお勧めシステムのひとつです!

こちらのポルシェのオーナーさん、何度もオーディオシステムを組ませていただいた事のあるベテランのお客様ですが、このシステムでも合格点を頂けました。

めでたし、めでたし。

 

 

ところでMONDO GROSSO(モンド・グロッソ) というアーティストご存知ですか?

大沢伸一さんのプロジェクトで都度多彩なボーカルを起用するユニットです。

ドラマ『きみが心に棲みついた』の挿入歌に使われていたのでご存知の方も多いと思いますがなんとも不思議で引きこまれる魅力的な音楽ですね。

アイナ・ジ・エンドさんの声も病みつきになります。
最近ヘビーローテンションです(笑)。

Comments are closed