ご当地ナンバーとVOXYハイブリッド

東京オリンピック2020やラグビーワールドカップ仕様、原動機付き自転車などでは既におなじみとなっているご当地ナンバー(図柄入りナンバー)。

ナンバープレートの背景にイラストや模様をプリントしたナンバープレートのことで、2018年10月から交付開始が予定されているデザインが国土交通省から決定版のデザインが正式に発表されました。

国土交通省のサイトはこちら

ご当地ナンバーは今のナンバーに汚損や破損がなくても交換可能なうえ、今の数字はそのままで図柄入りナンバーに交換することもできますし、新しい数字で希望ナンバーを取得することも可能です。
しかし図柄入りナンバーには字光式がありませんので、今現在字光式ナンバーが付いている車両のナンバーを交換する際は注意してください。

弊社エリアは成田ナンバーです。
きれいなデザインなので変えちゃおうかなー。

今日ご紹介させていただくのはVOXYハイブリッドです。
VOXYかっこいいです。
サイズも大きすぎ、小さすぎずで使い勝手よさそうですね。
ただハイブリッドだと…、

走行用のバッテリーがここに収納される為イスの下にスペースが無いのです。
先日作業させていただいたVOXYはガソリン車だったので広々だったのですがハイブリッドは余分なスペースがありません。

ここにパワードサブウーハーを仕込みたいのですがどこかないかなぁと探したら、

ありました!
という訳でイス下のイス側に固定。

あとアンプを2台仕込まなくてはいけません。

なんとか運転式側に2台収納しました。
(右側の配線がチラ見してるほうね。)

スピーカーはcarrozzeriaのTS-V173です。
ナビはサイバーナビと良い音を出せる環境が整いましたよ!

フルcarrozzeriaで営業所のデモカーみたいな仕様ですが(笑)音質、コスト、占有スペース、消費電力が高次元でバランスとれた素晴らしいシステムだと思います。

先日発表されたパイオニアさんの決算発表はあまり芳しくなかったようですがこれだけの音が出せる商品を作ってくれたことを心より感謝するとともに今後も応援していきたいと思います。

Comments are closed