ニューカムリにSA1000とSHOW-YA

最近かっこいいなって気になっていたTOYOTA  CAMRY。
アメリカや中国では大人気車種であります。
毎年アメリカで発表されるリセールバリュー(中古車として再販される際の価値)が高い車として評価されています。また、盗難件数の多い車の上位に必ず入ってます。名誉なことではないかもしれませんが人気があるという事には変わりありません。

そんなカムリにダイヤトーンのフラッグシップスピーカーSA1000を付けさせていただいたのでご紹介いたします。

ヘッドユニットは前回のお車からの流用。
最新の車は大きなナビをつけることを前提にデザインされているのでに7インチのナビはちょっと小さく見えます(笑)。

ツィーターはもちろんAピラー。
今回の仕上げに奥様からもお褒めのお言葉を頂戴しました(笑)。

ドアはインナーで。
インナーでも何とかなっちゃう凄いスピーカーです。

サブウーハーもダイヤトーンG50です。
セダンでは定番のリアトレイへ。

おしりのはみ出しはこの程度なのでお車の使用に差し支えることは無いでしょう。

サブウーハーを駆動するのはcarrozzeriaのPRS-D800
デッドスペースへの固定です。
セダンは取り付け性が良いです。

カバーがつくので全部隠れます。

SA1000を駆動するアンプはGRAND ZERO のGZDSP4.80DSPです。
ヘッドユニットも含めて最終形は違う商品をつける予定なのですがファーストステップでで選んだアンプです。

 

FocalのUtopiaを楽しんでいたお客様が車を乗り換えるタイミングで次の相棒に選んだのがDIATONEのSA1000でした。
圧倒的な解像度で音楽を豊潤に聴かせてくれます。
早く自分の車にもつけなくっちゃ。(๑• ㅂ• )و✧

 

さて話は大きく変わり”SHOW-YA”というガールズバンドをご存知でしょうか?
1985年デビューなので知ってる人は40代の人がおおいかもしれません。
プリンセス・プリンセスと同時期(正確にはSHOW-YAが1年先輩)にデビューしたガールズバンドの草分け的な存在です。

いまはガールズバンドというよりもマダムバンドですが容姿も音楽もかっこいいです。

先日ハイレゾで配信された男性の曲をカバーしたアルバム『Glamorous Show』。
カバーアルバムって好んで聴かないのですがこのアルバムは良いですね!
特にVol2に収録されているこの曲がお気に入りです。
『勝手にしやがれ』がハードボイドロックになっていてジュリーよりも男前に歌ってます(笑)。

X-JAPANの『紅』もかっこいい!

Comments are closed