INTERSHOWのレポートとすすめ。

ブログの更新もままならない今日この頃ですが年中行事と言える『インターショー』に今年も行ってきました。

天気が良くないことで有名なイベント。今年は台風です。

記録的な大雨の為、甚大な被害を被った方々へお見舞い申し上げます。

悪天候なんて慣れっこといった感じで余裕の主催者と参加者の皆さん。
心配された風もほとんどなく、寒さも想定の範囲内でしたのでそれなりに楽しいです。

車に乗りこもうとしてる方が本日の『David』クラスの審査員ガレージゼロの鎌倉さん。

サウンドコンテストのほとんどは各クラスごとに分かれ審査されます。
クラスの分かれ方はコンテストによって異なりますがインターショーは取り付けされている機材の合計となります。
スピーカーやーアンプ等の合計金額ごとの評価となりますのでイコールコンディションでのバトルになります。

審査開始だというのにオーナーは後ろで談笑してますね(笑)。

一通り審査も終わり、緊張の表彰式です。
今回はクラスごとの台数も多い為上位6台が表彰されます。

まずはインターショー最多エントリーのヴィッツ優勝!
ベテランの笑みです。

直前でサウンドナビに換装したことが功を奏したゼロクラウン、まさかの優勝!
事態が呑み込めずこわばった表情です(笑)。

細部までこだわりぬいたプリウスα も安定感ある入賞です。
優勝よりトロフィーが大きく感じます(笑)。

昨年に続き今年も入賞。レガシーアウトバック。
クラスの中では合計金額が下から2番目とコスト少なめのシステムで大健闘です。

こちらも昨年に続き今年も入賞。LEXUS CT。
昨年は優勝だったので神妙な面持ち・・・。

他の車両もサウンドチューニングしながら音質向上の実感は確実にあり、それなりに自信はあったのですが入賞ならず。コンテストですから結果のいい時もあればそうでない時もあります。

肝心なのはコンテストに向けて音楽に向き合って客観的に音を聴いてみんなでディスカッションする事。
その過程が楽しいのです、音が良くなって一喜一憂して、他の車を聴いて惚れ惚れして、次のシステム構成を考えてニヤニヤして。

そんなコンテストに参加してみませんか?

システムの合計金額ごとのクラス分けなので「オレ(わたし)のシステムでは参加するのがはずかしいよー。」なんてことはありません。コンテストに向けて音をチューニングするのに高価なシステム変更をお薦めしたりもしません。なぜならクラスが変わってしまいますから(笑)。

最後は今回のイベントの総合MC兼、イメージガールを務めたやっさんと記念撮影。
ご存知かと思いますがピコ太郎さんと電撃結婚発表をした安枝瞳さんです。

写ってない方申し訳ない!

Comments are closed