車両保険のおはなしとSL(R129)

みなさん車両保険に入ってますか?
先日あった事故のお話をしたいと思います。

その事故の過失はすべて相手にありました。
お客様のお車は10年落ちのコンパクトカー、当然車両保険は入っていません。
お客様のお車には少しずつシステムアップを重ねたオーディオシステムがばっちり搭載されています。

車両価格は保険会社が年式と走行距離から設定します。
ぶつけられた箇所の修理代は残念ながら保険会社の設定した車両価格を大きく超えてしまったため全損扱いとされてしまいました。
次の車を購入するにもオーディオシステムを移設するにも遠く及ばない金額しか提示してきません。

事故によってオーディオシステムに不具合が出てしまうかもしれないためメーカーに点検に出したいといっても門前払いです。とうぜん移設費用も取り合ってもらえません。

理由を聞くと「そんなに価値のある商品をつけていた車に車両保険をつけないのはおかしいですよね?」と言われてしまう始末。

相手の保険屋さんを責めている訳ではありませんので誤解しないでくださいね。
自分がお話ししたかったのは車両保険に入っていれば自分の車の価値を証明することができて、相手の保険屋さんとこちらに有利な交渉ができたかもしれなかったという事と、相手から賠償してもらえなかったとしても自分の保険を使って移設する事も出来たのでは?という事です。
最近では任意保険に入らない危険な人たちもハンドル握っていますから賠償してもらえるのが当たり前の時代ではなくなっていくかもしれません。

申告する事によって通常の車両保険にオーディオシステムの金額を上乗せする事が出来ます。
自分の身を守るためと思って一度保険屋さんに相談してください。
いい保険屋さんにめぐり合えなかった場合はご紹介しますよ!

 

さて車の価値に見合った保険に入れない可能性のあるベンツのSLにナビを付けたのでご紹介したいと思います。
作業中にご来店いただいた方たちは口々に「この車欲しかったけど買えなかったんだよなー」と憧れの眼差し。

このお車元々1DINプラス1DINのナビが付いておりました。

残念ながらこのタイプのセパレート型ナビゲーションは市場から無くなってしまいました。
どうしよう?セパレート型の最終モデルをオークションで中古で買うか?プレミア価格になってるセパレート型の新品を買うか?

悩んだ結果、新品の2DINにしました。見やすい位置に設置も可能そうです。

直射日光をもろに受けるダッシュボード上の作りものは気を使います。
パテを多用すると長い年月で狂いが生じますのでFRPで作ります。

 

エアコンのダクト内にどうしても当たってしまう部品があるため少し遠い位置についてしまいましたがなんとか完成です。
走りながらの操作はリモコンでお願いします(笑)。

古い製品は構成も大がかりです。大きな大きなハイダウェイが助手席足元にびっしりでした。
これまでは部品点数も多いため暗電流が多くバッテリが弱り気味でしたがこれからは消費電力も少なくシンプルな構成ですから安心です。

古いシステムを搭載されていたら一声おかけください、最適なプランをご提案します。

Comments are closed